RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

バグなユニオン

2007年に二級小型船舶を取得。マイボートの夢ははるか遠く、レンタルボートでのファミリーボーティング出航ログ。
<< YBM 安全レクチャー その1 (横浜ベイサイドマリーナ) | main | YBM 安全レクチャー その3 (タコ根、沖の根) >>
YBM 安全レクチャー その2 (南本牧運河)
0
    横浜ベイサイドマリーナを出て、最初に向かったのは南本牧運河です。運河を抜けたすぐのあたりの、本牧の信号所が航行可能エリアの北限にあたります。

    南本牧運河

    WP0008 のあたりが運河の入り口になります。付近は漁船が行き来しているので、プレジャーボートは、回避船(譲らなければいけない船)なので、船の動いている方向を見極めて操船します。

    風向きによって岸壁が風よけになるので、穏やかな場所を釣りのポイントとするのもいいようです。
    WP0009。運河内は土砂運搬の引き船などが頻繁に航行しているそうなので、右側通行の原則を守って航行します。

    天気がよくて本当に気持ちいい、走りだしです。カモメが運河の岸際の杭の上で休んでいたり、見慣れない海からの風景を見ていて、非日常な光景がとても新鮮に映りました。

    WP0010。運河を抜けたところでは、風が直接当たるので白波がたっていました。
    WP0011。ここらあたりが北限。ちょうど北側に建物の向こう側になりますが、ベイブリッジが見えます。

    WP0012。埋め立ての岸壁沿いを航行しますが、土砂運搬船や、地引き網の漁船など、ほんとにたくさんの府願いますので、注意を怠らずに操船します。

    WP0013。岸壁よりは水深が浅くなっているので、適度な距離を保ちます。

    WP0014。ここから次のタコ根に向かって船を向けます。

    南本牧運河GE
    | - | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://union.bugna.net/trackback/678678